ログイン

会員登録

りんごを加熱すると栄養はどう変わる?ホットりんごの驚くべき効果

りんごを加熱すると栄養はどう変わる?ホットりんごの驚くべき効果

りんごは手軽に食べられ、さまざまな栄養を含むため、健康維持に欠かせない果物の一つです。しかし、そのまま食べるだけでなく、加熱調理することで栄養価が変化し、意外な効果が期待できることをご存知でしょうか? 本記事では、加熱することでどのように栄養価が変わるのか、また、その具体的な効果や、美味しく食べるためのレシピについて解説します。 食生活に取り入れることで健康維持に貢献できる情報をお届けしますので、ぜひ最後までお読みください。

りんごに含まれる主な栄養素とその効果

皮つきりんご1個当たりの栄養成分

皮つきのりんご1個当たりには、約52kcalのエネルギー、0.3gの脂質、0.4gの食物繊維、そして10.4gの糖質が含まれます。また、ビタミンA、ビタミンC、カリウムなどの豊富なミネラルも含まれています。

りんごの皮と種には強力な抗酸化物質の一つであるプロシアニジンが存在しています。これは気管支炎や喘息の予防、血行改善、高血圧防止に効果的とされています。

また、りんごに含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、コレステロール値を抑制し、お通じを良くし、むくみを予防する効果があります。更にビタミンCは美白と美肌の維持に役立ちます。

これらの栄養素は皮まで食べることで十分に摂取することが可能です。りんごの皮に含まれる栄養素や食べ方の工夫についてより詳しく知りたい人は、こちらの記事もぜひ併せてチェックしてくださいね!

捨てるのはもったいない!りんごの皮に隠された驚きの栄養効果

りんごを食べる効果!

コレステロール値を抑制

りんごは、コレステロール値を抑制する効果があります。その秘密は「ペクチン」という食物繊維にあります。ペクチンは、水に溶ける食物繊維の一種で、腸内でコレステロールと結合し、体外へ排出させる役割を果たします。

加えて、りんごに含まれるポリフェノール、特にフラボノイドは、LDL(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐ働きがあります。このLDLの酸化が進むと動脈硬化を引き起こし、心疾患のリスクが高まるため、りんごの摂取が健康維持に重要な役割を果たすと言えます。

また、りんごを加熱するとペクチンはゲル化し、より体内に吸収されやすくなります。そのため、加熱したりんごを食べることで、更にコレステロール値のコントロールが期待できます。

お通じに効果的

りんごには胃腸を整える効果があり、特に便秘に悩む方におすすめです。その秘訣は、「食物繊維」にあります。りんご1個には約2.6gの食物繊維が含まれており、特に溶けにくい食物繊維の一種である「ペクチン」が豊富です。

ペクチンは、水溶性であるため、水分を吸収し膨らむ特性があります。これにより、便のボリュームを増やし、腸内をスムーズに通過させる助けとなります。また、ペクチンは腸内の有害物質を吸着し排出する役割も果たします。

しかし、りんごを生で食べると食物繊維が硬く、消化に時間がかかることもあります。そこでおすすめなのが加熱調理です。加熱することで食物繊維が柔らかくなり、さらに体への吸収率も上がるとされています。

むくみを予防

りんごはむくみ予防にも効果的なフルーツです。その理由は、りんごに含まれる豊富なカリウムにあります。カリウムは体内の水分バランスを整える働きがあり、この機能により余分な水分を排出し、むくみを予防します。また、りんごに含まれる食物繊維も便秘解消に貢献し、体内の老廃物を排出することでむくみ解消につながります。

特に皮には食物繊維が豊富に含まれているため、皮ごと食べることでさらに効果的にむくみ予防が可能です。また、加熱調理をするとカリウムの吸収率が高まるとも言われていますので、ホットリンゴなどでおいしく摂取するのもおすすめです。

美白と美肌の維持をサポート

リンゴには美白と美肌を維持するための効果があります。それは、リンゴに含まれるフラボノイドとビタミンCの力です。フラボノイドは、強力な抗酸化作用があり、紫外線による肌へのダメージを防ぎ、シミやそばかすを予防します。一方、ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートし、肌のハリや弾力を保つ働きがあります。

また、リンゴには食物繊維も豊富で、これが腸内環境を整え、肌の調子を良くするといわれています。便秘がちな人には特にお勧めです。

リンゴを生で食べるのはもちろん、加熱して食べることで、これらの栄養素の吸収率がより高まるといわれています。毎日の食事にリンゴを取り入れて、健康的な美肌を手に入れましょう。

山形 りんご 通販

りんごの加熱と栄養価の変化

一般的に、加熱調理することで食品の栄養素が減少すると思われがちですが、実はリンゴを100℃以上で加熱することによって、一部の栄養成分が増えることが分かっています。

リンゴに含まれるビタミンCは熱に弱く、加熱するとその量は減少します。しかし、新たな栄養素が増える部分も存在します。たとえば、フィトケミカルと呼ばれる健康に良い成分の一つであるフェノール類です。これらは抗酸化作用を持ち、体の老化を防ぐ効果があるとされています。リンゴを加熱すると、フェノール類がより吸収しやすい形に変化することが分かっています。

また、リンゴの皮に豊富に含まれる食物繊維「ペクチン」も加熱すると体内での溶解性が増し、便通改善や美肌効果により効率的に働くことが報告されています。

したがって、リンゴの栄養を最大限に引き出すためには、生食だけでなく、適度な加熱処理もおすすめです。

人気ランキング

※2024年6月のデータ
※産直プライムが連携しているJA公式産直ECの実績

ホットりんごの効果とその食べ方

焼きりんご風の作り方とその効果

りんごを加熱すると、その風味が引き立ち、一層美味しくなります。特に焼きりんごはその良い例で、作り方も至ってシンプルです。

  1. まず、りんごを半分に切り、種を取り除きます。
  2. その上にバターや砂糖を適量乗せて、オーブンで約20分焼くだけです。

では、焼きりんごの栄養的な効果はどうでしょうか。焼きりんごには、生のままのりんごと比べて、栄養価が高まるというデータがあります。例えば、「サンふじ」などの品種では、加熱することでポリフェノールの含有量が増加します。ポリフェノールには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ効果が期待できます。

したがって、りんごを加熱して食べることは、美味しさだけでなく、栄養価を高めるという意味でもおすすめです。

リンゴを加熱するための簡単レシピ

リンゴを加熱することで、抗酸化作用のあるポリフェノールが増え、栄養価が高まります。以下、加熱リンゴの簡単レシピをご紹介します。

【焼きリンゴ風レシピ】

  1. リンゴを半分にカットし、芯を取り除く。
  2. カット面に蜂蜜を塗り、シナモンを振ります。
  3. トースターやオーブンで加熱し、焦げ目がつくまで焼きます。

この方法で加熱することでリンゴが持つ自然の甘みが引き立ちます。また、蜂蜜とシナモンの組み合わせが抗酸化作用を高め、ダイエットや肌の健康維持に役立ちます。

手軽に美味しく、そして健康的にリンゴを摂取することができ、特に寒い季節には体を温める効果も期待できます。こちらの記事では、焼きりんごの簡単な作り方やアレンジレシピを紹介しています。気になる人は、ぜひ併せてチェックしてくださいね!

冬に嬉しい「まるごと焼きりんご」のレシピ!レンジ・オーブン・トースター別の作り方を紹介

まとめ

毎日食べよう!りんごの摂取の重要性

まずは、りんごを毎日食べることの重要性から。長期的な健康維持には、栄養素をバランスよく摂取することが必要です。りんごにはコレステロール値を抑制する効果や、むくみを予防する効果があります。健康と美容のためにも、普段の食事にりんごを取り入れてみましょう。

りんごの正しい保存方法

次に、りんごの保存方法です。冷暗所で保存し、できるだけ早めに食べることが理想です。加熱調理をする場合でも、使う直前に洗って調理すると良いでしょう。

お薦めのりんごの食べ方

最後に、おすすめのりんごの食べ方です。皮つきで生食するだけでなく、焼きりんごや煮りんごも栄養価が高まるので試してみてください。

以上が、りんごの栄養価とホットりんごの効果についてまとめた内容です。りんごは健康に良いだけでなく、美味しく食べられる食材の一つです。毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

りんごを食べてJAさがえ西村山の挑戦を応援しよう!

さくらんぼや桃、りんごなどのフルーツをはじめ、日本で有数の「米どころ」としても知られる山形県さがえ西村山地区。豊かで寒暖差のある自然環境と生産者のたしかな技術によって、「さくらんぼの王様」といわれる佐藤錦など、四季折々の美味しい食べ物を全国にお届けしています。

そんなさがえ西村山地区に拠点を置き、山形県の中央エリアを管轄するJAさがえ西村山では、2023年より「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を取り入れた「グリーンな栽培体系」を目指し、新たな取り組みをスタートしています。

気候変動問題が世界中で注目されるようになった中で、全国の生産者にはカーボンニュートラルの実現に向けて化学肥料の低減が求められています。(みどりの食糧システム戦略)

とはいえ、化学肥料を減らすと、収入減少の怖さがあり、生産者にとって大きな負担を強いる可能性があります。そこでJAさがえ西村山では、バイオスティミュラントという新しい農業資材に着目し、生産者の負担を軽減する、新しい栽培方法の開発に挑戦しています。

バイオスティミュラントは、植物に生理学的刺激を与えることで、環境ストレスを受けたために発揮されていない「農作物が本来持っている能力」を、最大限まで改善する資材として期待されている新しい農業用資材です。 農作物の品質や収量の向上や、栄養吸収率を高めることによる化学肥料使用量の低減などの効果をもたらします。
【引用元】バイオスティミュラント 活用による 脱炭素地域づくり協議会

特に、栽培過程で生じる「ゴミ」である食品残渣からバイオスティミュラントを生産することで、「食品から食品」を生む環境負荷の低い栽培を実現し、気候変動に負けない、持続可能な産地を目指しています。

現在、さがえ西村山地区では「さくらんぼ」「桃」「りんご」「米」「なす」の5品目でこの取り組みを実施しているそうです。ぜひ、気候変動問題に果敢に取り組む産地の商品を購入して応援していきましょう!

山形 りんご 通販

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン
果物EXPRESSガチャ

関連する記事

食べ方に関する記事

りんごに関する記事

人気の記事