ログイン

会員登録

「ポリフェノールをとりすぎたらどうなる?」適量摂取のコツと過剰摂取時の対処法

「ポリフェノールをとりすぎたらどうなる?」適量摂取のコツと過剰摂取時の対処法

健康維持に欠かせない成分として、多くの人々から注目されている「ポリフェノール」。この成分は、抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、生活習慣病の予防に役立ちます。しかし、一方で摂取量には注意が必要で、過剰に摂取すると健康に影響を及ぼす可能性があります。本記事では、ポリフェノールの種類や効果、適切な摂取方法、そして過剰摂取時の対処法について解説します。これからポリフェノールを含む食品を摂りたいと考えている方、すでに摂取している方にも役立つ情報を提供しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ポリフェノールの概要

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、植物に広く存在する化合物の一種で、その数は5000種類以上と言われています。主に、植物が日光や外敵から身を守るために生成する苦味や色素の成分です。ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の有害な活性酸素を無害に変える作用があるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。また、ビタミンCやビタミンEと同じく強い抗酸化作用があり、ポリフェノールの種類により独自の効果があります。ただし、ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、比較的短時間で作用しますが、長期間効果は持続しないため、毎日こまめに摂取することが推奨されています。

ポリフェノールの種類とそれぞれの効果

ポリフェノールは化学構造の違いにより様々な種類があり、それぞれ異なる効果を持ちます。以下に主要なポリフェノールの種類とその効果を示します。

  • アントシアニン:視力回復に寄与し、網膜に存在するタンパク質の再合成を促進します。
  • カテキン:抗酸化作用があり、活性酸素を除去して健康を保つ効果があります。
  • カカオポリフェノール:血圧低下や動脈硬化予防、美肌効果、アレルギーの改善など、多方面での効果が期待されています。
  • ルチン:毛細血管を強くする働きがあり、血流も改善します。
  • クルクミン:抗酸化作用があり、肝機能の改善や抗炎症作用が期待されています。

これらのポリフェノールは、日常的な食材や飲み物に含まれており、バランスよく摂取することでその効果を享受することができます。

ポリフェノールの摂取方法

ポリフェノールが多く含まれる食品

ポリフェノールは多くの食品に存在しますが、中でも代表的なものとして、リンゴ、カカオ、赤ワイン、緑茶などがあります。例えばリンゴには、抗酸化作用があるとされる「フラボノイド」などのポリフェノールが多く含まれています。カカオには、「カカオポリフェノール」が豊富で、血圧低下や美肌効果などの効果が期待されています。また、赤ワインや緑茶に含まれる「アントシアニン」や「カテキン」もポリフェノールの一種で、視力回復や抗酸化作用などの効果が認められています。

以下に、ポリフェノールを豊富に含む食品をいくつか紹介します。

主な含有ポリフェノール
リンゴ フラボノイド
カカオ カカオポリフェノール
赤ワイン アントシアニン
緑茶 カテキンン

これらの食品を摂取することで、ポリフェノールを効率的に摂取することができます。

山形 りんご 通販

ポリフェノールを多く含む食品の選び方

ポリフェノールを多く含む食品を選ぶには、その食品の種類や成分を理解することが重要です。以下は、主なポリフェノールを多く含む食品です。

  • ルチン:そば、りんごなど
  • アントシアニン:ブルーベリー、クランベリーなど
  • カテキン:緑茶、黒茶など
  • カカオポリフェノール:カカオ豆、ビターチョコレートなど
  • クルクミン:ウコン、カレー粉など

また、それぞれの食品を摂取する際は、調理方法にも留意が必要です。熱に弱いポリフェノールもあるため、できるだけ生のまま、または軽く煮る程度に留めると良いでしょう。例えば、りんごは皮付きのまま生で食べるとポリフェノールを多く摂取できます。りんごを皮ごと食べる際の洗い方や食べ方の工夫について詳しく知りたい人は、こちらの記事もぜひ併せてチェックしてくださいね!

捨てるのはもったいない!りんごの皮に隠された驚きの栄養効果

ポリフェノールを効率よく摂取する方法

ポリフェノールは、自然界に5,000種類以上存在し、その効果は種類ごとに異なります。そのためポリフェノールを効率よく摂取するには、まず自分が求める効果を明確にし、それに適した種類のポリフェノールを含む食品を選びます。

例えば、視力回復を求めるのであればアントシアニンを、血圧管理や美肌を求めるのであればカカオポリフェノールを、毛細血管強化作用を求めるのであればルチンを含む食品を選びましょう。

また、ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、比較的短時間で作用しますが、長期間の効果は持続しないので、毎日こまめに摂取することが重要です。食事の中でバランス良く摂取することを心掛けましょう。

ポリフェノールの摂りすぎについて

ポリフェノールを摂りすぎた場合の身体への影響

ポリフェノールは美容や健康に良いとされていますが、摂りすぎた場合、一部の人には副作用が現れることがあります。ポリフェノールには鉄分の吸収を阻害する作用があり、過剰摂取すると鉄分不足につながることがあります。また、消化器系に対しても影響を及ぼす場合があり、便秘や下痢、胃の不快感などの症状が出ることもあります。

さらに、アレルギー体質の人では、特定のポリフェノールに反応して皮膚の発疹やかゆみなどのアレルギー症状を引き起こすこともあります。そのため、ポリフェノールを摂取する際は、適量を意識することが大切です。

ポリフェノールを摂りすぎたときの対処方法

ポリフェノールを摂りすぎて不快な症状を感じた場合、まずは摂取を一時的に止めて、体調が回復するかを見てみましょう。その後、再開するときは少量から始め、徐々に量を増やしていく方法があります。また、ポリフェノールの摂取は食事と一緒に行うことで、吸収の速度をゆっくりにし、体への負担を軽減させることができます。

症状が長時間続く場合は、専門家に相談することを推奨します。特に既存の病気がある方や薬を服用している方は、医師や薬剤師と摂取量やタイミングについて話し合うことが重要です。

ポリフェノール摂取のコツ

適量摂取のコツ

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、健康に多大な効果をもたらします。しかし、その摂取には適量が重要です。一般的には、1日に500mg - 1000mgの摂取が理想的とされています。その摂取方法としては、多種多様な食品の中からバランスよく摂ることが重要です。例えば、カカオポリフェノールは血圧低下や動脈硬化予防、美肌効果に優れていますが、チョコレートとして摂る場合はカロリーも配慮する必要があります。また、以下のような摂取方法も参考になります。

  • 食品から摂る: 多種多様な食品から摂ることで、各種ポリフェノールをバランスよく摂取できます。カカオポリフェノールはチョコレート、カテキンは緑茶や黒茶、ルチンはブロッコリーやキウイなどに含まれます。
  • サプリメントから摂る: ポリフェノールを効率よく摂るためには、サプリメントの利用も考えられます。ただし、食品からの摂取を基本とし、サプリメントは補助的に利用することが望ましいです。

以上のように、適量とバランスを意識して摂取することが、ポリフェノールの効果を最大限に引き出すコツです。

過剰摂取を防ぐための注意点

ポリフェノールは私たちの健康に対して多くの利点がありますが、適切な量を超えて摂取すると、逆に体調を崩す原因にもなり得ます。具体的には、吐き気や下痢などの消化器系の不調、鉄分の吸収障害などが報告されています。そのため、ポリフェノールの摂取には以下のような注意点を心掛けてください。

  1. 食品から摂取する:食品からの摂取なら、バランスよく栄養を摂ることができます。
  2. 一日の摂取量を守る:サプリメントで摂取する場合は、1日の推奨摂取量を守りましょう。
  3. 妊娠中や授乳中は注意:妊娠中や授乳中は医師と相談した上で摂取しましょう。

これらの注意点を守り、ポリフェノールを適量摂取することで、その多様な健康効果を最大限に引き出しましょう。

まとめ

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素を除去し健康を保つ助けになります。ポリフェノールは食品から摂ることが可能で、特にカカオやりんごなどに多く含まれます。

しかし、過剰に摂取すると消化器系に不快な症状を引き起こすことがあります。そのため、適量を守り続けることが大切です。特にサプリメントで摂取する際には注意が必要で、適切な摂取量を守ることを心掛けましょう。

また、ポリフェノールは体内に長く留まらないため、毎日摂取することでその効果を最大限に引き出すことができます。その際、バランス良く様々な種類のポリフェノールを摂ることをおすすめします。

完全に自然な成分であるポリフェノールですが、その摂取方法には注意が必要です。適量を守り、バランス良く摂取することが大切です。

りんごを食べてJAさがえ西村山の挑戦を応援しよう!

さくらんぼや桃、りんごなどのフルーツをはじめ、日本で有数の「米どころ」としても知られる山形県さがえ西村山地区。豊かで寒暖差のある自然環境と生産者のたしかな技術によって、「さくらんぼの王様」といわれる佐藤錦など、四季折々の美味しい食べ物を全国にお届けしています。

そんなさがえ西村山地区に拠点を置き、山形県の中央エリアを管轄するJAさがえ西村山では、2023年より「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を取り入れた「グリーンな栽培体系」を目指し、新たな取り組みをスタートしています。

気候変動問題が世界中で注目されるようになった中で、全国の生産者にはカーボンニュートラルの実現に向けて化学肥料の低減が求められています。(みどりの食糧システム戦略)

とはいえ、化学肥料を減らすと、収入減少の怖さがあり、生産者にとって大きな負担を強いる可能性があります。そこでJAさがえ西村山では、バイオスティミュラントという新しい農業資材に着目し、生産者の負担を軽減する、新しい栽培方法の開発に挑戦しています。

バイオスティミュラントは、植物に生理学的刺激を与えることで、環境ストレスを受けたために発揮されていない「農作物が本来持っている能力」を、最大限まで改善する資材として期待されている新しい農業用資材です。 農作物の品質や収量の向上や、栄養吸収率を高めることによる化学肥料使用量の低減などの効果をもたらします。
【引用元】バイオスティミュラント 活用による 脱炭素地域づくり協議会

特に、栽培過程で生じる「ゴミ」である食品残渣からバイオスティミュラントを生産することで、「食品から食品」を生む環境負荷の低い栽培を実現し、気候変動に負けない、持続可能な産地を目指しています。

現在、さがえ西村山地区では「さくらんぼ」「桃」「りんご」「米」「なす」の5品目でこの取り組みを実施しているそうです。ぜひ、気候変動問題に果敢に取り組む産地の商品を購入して応援していきましょう!

山形 りんご 通販

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン
果物EXPRESSガチャ

関連する記事

栄養に関する記事

りんごに関する記事

人気の記事