ログイン

会員登録

【桃と花桃の違い】花桃の実は食べられる?おいしい食べ方を解説

【桃と花桃の違い】花桃の実は食べられる?おいしい食べ方を解説

桃は春先に小さくて可愛らしい花を咲かせ、見る人の心を癒します。しかし、桃には「実桃」と「花桃」の二つの系統が存在し、同じように見えますが、実はその特徴には大きな違いがあります。 この記事では、そんな実桃と花桃について、それぞれどのような特徴を持っているのか、また、どんな違いがあるのかについて詳しく解説します。この記事を通じて、桃と花桃の違い、そして花桃の実の有効な利用法を理解していただければ幸いです◎

桃と花桃の違いとは?

桃は食用に栽培される「実桃」と、観賞用に栽培される「花桃」に大別されます。実桃は果実が大きく、甘みがあり、美味しく食べることができます。一方、花桃はその名の通り、美しい花を楽しむためのもので、実は小さく味もあまりありません。

また、その生育環境も異なります。実桃は比較的暖かい地域を好み、花桃は寒冷地に強いという特徴があります。

以下に、その違いをまとめた表を示します。

用途・特性 実桃 花桃
用途 食用 観賞用
実の大きさ・味 大きく甘い 小さく味が薄い
生育環境 暖かい地域 寒冷地

以上から、同じ桃の仲間でも、その用途や特性は大きく異なることがわかりますね。

山形 桃 通販

花桃の実は実際食べられるのか?

花桃の実は、その見た目や香りが通常の桃と似ているため、食べられるのか疑問に思う方も多いでしょう。花桃の実は食用として出回ることはほとんどありませんが、食べられます。しかし、一部の種類では大きくならず、また食べても美味しくないとされることが多いです。

さらに注意点として、完熟していない果実には身体に良くない成分が含まれることもあるため、食べる際は十分に成熟させることが大切です。花桃の実は、美味しさを追求するよりも、その美しい花を楽しむために栽培されることが一般的です。そのため、果実の味わいよりも花の美しさを重視する方にとっては、花桃は非常に魅力的な植物といえるでしょう。

花桃の実の美味しい食べ方

花桃の実は、食べるためには完全に熟すまで待つことが大切です。未熟な状態では体に良くない成分が含まれる可能性があるため、食べる際には注意が必要です。

完熟した花桃の実は、そのまま食べるのはもちろん、ジャムや砂糖漬けにすると美味しくいただけます。特に、花桃の実を使ったジャムは、その独特の風味と甘さが絶妙にマッチして、トーストやヨーグルトとの相性も抜群です。

また、花桃の実を使用した料理レシピもあります。例えば、甘酸っぱい味わいの花桃のコンポートは、デザートやお茶うけとして楽しむことができます。

ただし、花桃の実が完全に熟すまで待つこと、そして未熟なものは食べないようにすることを忘れないでくださいね。

桃の美味しい食べ方については、こちらの記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください♪

【桃スイーツ特集】夏の幸せを味わう!手作り桃デザートの最強レシピ集

【桃の新食感】おつまみにも変身!簡単で美味しい桃のレシピ10選

まとめ

実桃と花桃は同じ「モモ」でありながら、それぞれ異なる特性を持ちます。実桃は食用とされる美味しい実をつける一方で、花桃はその美しい花を楽しむために栽培されます。

さらに、花桃は実を収穫して食べることもできます。ただし、そのまま食べるよりも加工して利用することが多く、ジャムやリキュールにすることによって、花桃の実のフレッシュな風味を存分に活かすことができます。

以上が実桃と花桃の違いと、花桃の実の利用法についての解説でした。この記事が皆様の参考になれば幸いです◎

山形 桃 通販

桃を食べてJAさがえ西村山の挑戦を応援しよう!

さくらんぼや桃、りんごなどのフルーツをはじめ、日本で有数の「米どころ」としても知られる山形県さがえ西村山地区。豊かで寒暖差のある自然環境と生産者のたしかな技術によって、「さくらんぼの王様」といわれる佐藤錦など、四季折々の美味しい食べ物を全国にお届けしています。

そんなさがえ西村山地区に拠点を置き、山形県の中央エリアを管轄するJAさがえ西村山では、2023年より「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を取り入れた「グリーンな栽培体系」を目指し、新たな取り組みをスタートしています。

気候変動問題が世界中で注目されるようになった中で、全国の生産者にはカーボンニュートラルの実現に向けて化学肥料の低減が求められています。(みどりの食糧システム戦略)

とはいえ、化学肥料を減らすと、収入減少の怖さがあり、生産者にとって大きな負担を強いる可能性があります。そこでJAさがえ西村山では、バイオスティミュラントという新しい農業資材に着目し、生産者の負担を軽減する、新しい栽培方法の開発に挑戦しています。

バイオスティミュラントは、植物に生理学的刺激を与えることで、環境ストレスを受けたために発揮されていない「農作物が本来持っている能力」を、最大限まで改善する資材として期待されている新しい農業用資材です。 農作物の品質や収量の向上や、栄養吸収率を高めることによる化学肥料使用量の低減などの効果をもたらします。
【引用元】バイオスティミュラント 活用による 脱炭素地域づくり協議会

特に、栽培過程で生じる「ゴミ」である食品残渣からバイオスティミュラントを生産することで、「食品から食品」を生む環境負荷の低い栽培を実現し、気候変動に負けない、持続可能な産地を目指しています。

現在、さがえ西村山地区では「さくらんぼ」「桃」「りんご」「米」「なす」の5品目でこの取り組みを実施しているそうです。ぜひ、気候変動問題に果敢に取り組む産地の商品を購入して応援していきましょう!

山形 桃 通販

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン

関連する記事

特徴に関する記事

桃に関する記事

人気の記事