ログイン

会員登録

食物繊維のカロリー事情!過剰摂取で太る?ダイエットに良い理由とは

食物繊維のカロリー事情!過剰摂取で太る?ダイエットに良い理由とは

健康や美容に良いとされる「食物繊維」ですが、その実態について詳しく知る人は意外と少ないかもしれません。この記事では、食物繊維の基本情報からカロリーについて、そして過剰摂取による影響についてまで、幅広く解説します。食物繊維の摂取は、適量が重要であり、適正な摂取方法を知ることが健康管理に役立ちます。また、ダイエットに興味がある方でも、食物繊維の役割と摂取のコツを理解することで、より効果的なダイエットが期待できます。これからの食生活を見直すきっかけに、ぜひ本記事をご活用ください。

食物繊維とは

食物繊維の定義と種類

食物繊維とは、私たちが摂取する食物の中に含まれる、人間の消化酵素では分解されにくい成分のことを指します。大まかに分けて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類が存在します。

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、腸内で発酵しやすい特徴があります。この特性により、腸内環境を整え、コレステロールや血糖値の上昇を抑える作用があります。

一方、不溶性食物繊維は水に溶けにくく、主に便通改善の効果があります。これにより、便秘解消や大腸がんの予防に役立ちます。

適切に2種類の食物繊維をバランス良く摂取することで健康維持に大いに役立ちます。

食物繊維の主な働きとそのメカニズム

食物繊維は、私たちの体にとって重要な働きを多数持ちます。その一つが、消化器系の健康を保つことです。食物繊維は消化されずに腸まで届き、腸内細菌のエサとなります。これにより腸内細菌の増殖が促進され、便通が改善します。また、水溶性の食物繊維は腸内でゲル状になり、コレステロールや糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにします。

一方、不溶性の食物繊維は便の量を増やし、便通を良くする役割があります。これらの働きにより、食物繊維は私たちの健康を守る大切な栄養素と言えます。

食物繊維とカロリー

食物繊維1gのカロリーは?

食物繊維は、人間の体内では消化酵素による消化がほとんど行われず、そのまま排出されます。主成分であるセルロースやヘミセルロースはエネルギーとして利用されません。そのため、一般的には食物繊維はカロリーゼロとされています。

ただし、食物繊維の中には微生物によって分解・発酵されるものもあり、その過程で短鎖脂肪酸が生成されます。これはエネルギー源となり得るため、完全にカロリーがゼロとは言えません。しかし、食物繊維のカロリーは他の栄養素(糖質や脂質)に比べて非常に少ないため、食物繊維がカロリーオーバーの原因となることはほとんどありません。

食物繊維がエネルギーになるメカニズム

食物繊維がエネルギーになるメカニズムについて詳しく解説します。人間の消化器系では食物繊維はほとんど分解されません。しかし、大腸に届くと、腸内細菌によって一部が発酵されます。この発酵過程で生成される短鎖脂肪酸は、体にエネルギー供給源として利用されます。

ただし、食物繊維から得られるエネルギーは限られています。1g当たり約2kcal程度と言われています。これは炭水化物やたんぱく質の4kcal/g、脂肪の9kcal/gと比べてもはるかに低い値です。そのため、食物繊維を多く摂取してもカロリーオーバーになることは少ないでしょう。

食物繊維が消化されない理由とその影響

食物繊維は私たちの体にとって非常に重要な存在ですが、その特性上、人間の消化器官では分解・吸収されません。これは、食物繊維が主に植物の細胞壁を形成する成分であり、その構造が人間の消化酵素で分解できないためです。

未消化のまま腸内を通過する食物繊維は、水分を吸収し膨らむことで満腹感を得たり、便通を良くしたりします。また、腸内に存在する善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える役割も果たします。このように、食物繊維が消化されないことが、逆に私たちの健康に対して様々なメリットをもたらすのです。

食物繊維の過剰摂取

食物繊維を過剰摂取すると太る?

食物繊維の過剰摂取が太る原因になるとは一概には言えません。食物繊維自体は体内でほとんど消化されず、またエネルギーとして利用されることもありません。ですから、食物繊維そのものがカロリーオーバーを引き起こすことは考えにくいのです。

しかし、食物繊維を多く含む食品の中には、果物や野菜、全粒穀物など、糖質や脂質を多く含むものもあります。これらを大量に摂取すると、それらがカロリーとなり、過剰摂取により太る可能性があります。

また、食物繊維の過剰摂取は、腹痛や下痢などの副作用を引き起こすことがあります。これらの症状が長期化すると、栄養素の吸収が悪くなる可能性があります。

したがって、食物繊維の摂取は適量に留め、栄養バランスを考えた食事を心掛けることが大切です。

食物繊維の過剰摂取による副作用は?どうしたらいい?

食物繊維が体に良いとはいえ、摂取量には注意が必要です。過剰に摂取した場合、腸内でガスが発生しやすくなり、お腹が膨らんだ感じや下痢などの副作用が出ることがあります。特に、急激に摂取量を増やすとそのリスクは上がるため、徐々に増やすことをおすすめします。

また、食物繊維は水分と一緒に摂ることで効果を発揮します。水分不足の状態で大量の食物繊維を摂ると、便秘の原因になることもあります。適量の水分と共に、バランス良く食物繊維を摂ることが大切です。

食物繊維の適量摂取とダイエット

1日の食物繊維の摂取目標量

1日の食物繊維の摂取目標量は、年齢や性別により異なります。厚生労働省が推奨する食物繊維の摂取目標量は以下の通りです。

年代 食物繊維摂取目標量(g/日)
成人男性 20
成人女性 18
子供 15

食物繊維は、野菜や穀物、豆類などに豊富に含まれており、適量を摂取することで便通の改善や血糖値のコントロールに寄与します。しかし、一度に大量に摂取すると、腹痛や下痢などの副作用を引き起こす可能性があります。そのため、食事の中でバランスよく摂取することが大切です。

ダイエットにおすすめの食物繊維が豊富な食事

ダイエットに効果的な食物繊維が豊富な食事とは、何でしょうか?まず、全粒穀物は食物繊維がたっぷり含まれています。大麦、ブラウンライス、オートミールなどは朝食やランチに最適です。

また、野菜や果物も食物繊維が豊富。特にキウイ、リンゴ、ブロッコリー、ほうれん草などはおすすめです。同じく、豆類も食物繊維が多く含まれ、たんぱく質も豊富なので、満腹感を得られます。ただし、食物繊維を多く摂取する際は水分も一緒に摂ることを忘れずに。適量の水分も摂取しないと便秘の原因となることもあります。

食物繊維を含む食品を摂取する際の注意点

食物繊維は健康やダイエットに有益ですが、摂取する際は注意が必要です。特に、摂取量を一気に増やすと、お腹がガスで膨れたり、下痢を起こす可能性があります。これは食物繊維が腸内で発酵することによるもので、体が慣れるまで少しずつ増やしていきましょう。

また、食物繊維は水分を吸収し膨れる性質があるので、十分な水分を一緒に摂取しないと便秘を引き起こす可能性もあります。1日に必要な水分量は個人差がありますが、平均的な成人女性であれば約2リットル、成人男性であれば約2.5リットルが目安です。

さらに、食物繊維には吸収を遅らせる作用があるため、薬を服用する際は食物繊維の多い食事とは時間をずらすと良いでしょう。

まとめ

食物繊維は消化されにくい特性から、体内でのカロリー変換は少ないとされます。過剰摂取による肥満化の心配はほとんどなく、反対に満腹感を得やすいためダイエットに有利です。ただし、過剰摂取は腸内環境を乱すなどの副作用もあるため、バランス良く摂取することが大切です。また、日々の食事やライフスタイルに合わせて、食物繊維を含む食品の摂取量や種類を選び、適量を心がけましょう。健康的な体作りとダイエットの観点から、食物繊維は大変重要な栄養素と言えます。これらを理解し、日々の食事に活かすことで、より健康な生活が送れることでしょう。

りんごを食べてJAさがえ西村山の挑戦を応援しよう!

さくらんぼや桃、りんごなどのフルーツをはじめ、日本で有数の「米どころ」としても知られる山形県さがえ西村山地区。豊かで寒暖差のある自然環境と生産者のたしかな技術によって、「さくらんぼの王様」といわれる佐藤錦など、四季折々の美味しい食べ物を全国にお届けしています。

そんなさがえ西村山地区に拠点を置き、山形県の中央エリアを管轄するJAさがえ西村山では、2023年より「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を取り入れた「グリーンな栽培体系」を目指し、新たな取り組みをスタートしています。

気候変動問題が世界中で注目されるようになった中で、全国の生産者にはカーボンニュートラルの実現に向けて化学肥料の低減が求められています。(みどりの食糧システム戦略)

とはいえ、化学肥料を減らすと、収入減少の怖さがあり、生産者にとって大きな負担を強いる可能性があります。そこでJAさがえ西村山では、バイオスティミュラントという新しい農業資材に着目し、生産者の負担を軽減する、新しい栽培方法の開発に挑戦しています。

バイオスティミュラントは、植物に生理学的刺激を与えることで、環境ストレスを受けたために発揮されていない「農作物が本来持っている能力」を、最大限まで改善する資材として期待されている新しい農業用資材です。 農作物の品質や収量の向上や、栄養吸収率を高めることによる化学肥料使用量の低減などの効果をもたらします。
【引用元】バイオスティミュラント 活用による 脱炭素地域づくり協議会

特に、栽培過程で生じる「ゴミ」である食品残渣からバイオスティミュラントを生産することで、「食品から食品」を生む環境負荷の低い栽培を実現し、気候変動に負けない、持続可能な産地を目指しています。

現在、さがえ西村山地区では「さくらんぼ」「桃」「りんご」「米」「なす」の5品目でこの取り組みを実施しているそうです。ぜひ、気候変動問題に果敢に取り組む産地の商品を購入して応援していきましょう!

山形 りんご 通販

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン
果物EXPRESSガチャ

関連する記事

栄養に関する記事

りんごに関する記事

人気の記事