ログイン

会員登録

スイカの旬は?一番美味しいのはいつ?人気の品種ごとにご紹介!

スイカの旬は?一番美味しいのはいつ?人気の品種ごとにご紹介!

夏のイメージのあるスイカですが、具体的に何月が旬なのか、知っている方は少ないのではないでしょうか。この記事では、スイカの旬はいつなのか、美味しい時期を品種ごとにご紹介します。

旬のスイカの魅力

旬の時期にスイカを食べることで、その時期に必要な栄養素を摂取できます。

スイカが最も多く出回る時期は夏です。夏は高温多湿な気候のせいで体に熱が溜まりやすく、熱中症や脱水症状になりやすい時期でもあります。この時期に旬を迎えるスイカは、水分量やカリウムが豊富。夏に食べることで、余分な水分を排出させて体温を下げる効果が期待できます。

旬の時期にスイカを食べると、健康面でのメリットも大きいといえるでしょう。

新潟の砂丘スイカ

スイカの旬はいつ?

スイカの旬は、季節を追うごとに南から北へと北上していきます。早ければ3月頃から旬を迎える地域もあれば、夏真っ盛りの8月頃まで楽しめる地域もあります。

このようにスイカの旬の時期は生産地によって差がありますが、市場に出回る量が最も多いのは7月〜8月頃です。

スーパーに出回るのは4月から8月まで

スーパーにスイカが出回る時期は4月〜8月頃までです。

夏のイメージが強いスイカですが、実は春先からスーパーなどで販売されています。4月〜5月頃に出回り始めるのは、熊本県の春スイカです。その後6月には千葉県、鳥取県、7月〜8月にかけて山形県、長野県のスイカが出回ります。

時期によって産地の異なるスイカが店頭に並ぶので、食べ比べてみるのもおすすめです。

小玉スイカ(ひとりじめ、紅小玉)

小玉スイカとは、1玉あたり2kg程度の小ぶりのスイカのことです。丸ごと冷蔵庫に入る上、少人数でも食べ切れるサイズなので近年人気が高まっています。

5月から7月頃に旬を迎え、スイカの中では早い時期に市場に出回ります。皮が薄く、可食部が多いのが特徴です。大玉よりも果肉が赤く、小さいながらもしっかりとした甘さを楽しめます。

大玉スイカ(祭ばやし、味きらら、縞王)

これぞスイカ!という印象の大玉スイカ。重さは3kgから5kgほどです。

7月から8月頃に旬を迎え、まさに夏の風物詩ともいえるスイカです。甘さはもちろん、スイカらしいシャリッとした食感が楽しめます。

黒玉スイカ(タヒチ、ブラックジャック)

果皮が黒緑色で、スイカ特有の縞模様も薄い黒玉スイカ。本当にスイカなのかと疑ってしまうような見た目です。

6月〜8月頃に旬を迎えます。黒い見た目に反して鮮やかな赤色で、キュッとしまった果肉が特徴です。甘さもバッチリで、比較的日持ちする品種です。

人気の品種と旬【産地別】

日本全国で栽培されているスイカですが、特に有名な産地はどこなのでしょうか。スイカの名産地と、人気の品種をご紹介します。

熊本県

熊本県は日本で最もスイカの収穫量が多い、スイカの名産地です。

旬の時期は3月から6月頃。熊本県の中でも植木町で栽培されているスイカは「植木のスイカ」と呼ばれ、全国的にも有名なブランドスイカです。植木町のスイカの糖度は平均13%前後で、上品な甘さが特徴です。大玉はスイカらしいシャリッとした食感が、小玉は果肉が柔らかく、より強い甘みが楽しめます。

千葉県

国内第2位のスイカの生産量を誇る千葉県。

旬の時期は6月頃です。主に八街市、富里市、山武市などで栽培されており、富里市のスイカは昭和11年に皇室の献上品に選ばれたこともあります。千葉県内でも内陸に位置する富里市は寒暖差が激しく、関東ローム層の火山灰土壌が広がる場所です。この特性を活かしたスイカ作りで、今では国内でも屈指のスイカの名産地となっています。

大玉なら祭ばやし777、紅大。小玉なら姫甘泉、マダーボールなどが有名です。

山形県

国内第3位のスイカの生産量を誇る山形県。

旬の時期は7月〜8月頃です。主に尾花沢市、村山市、大石田町などで栽培されています。これらの地域で栽培されているスイカは「尾花沢スイカ」とよばれる夏スイカで、真っ赤で歯切れのいい、ジューシーな果肉が特徴です。

尾花沢スイカの中でも富士光、祭ばやしという品種が有名です。最近では小玉のひとりじめ、姫甘泉なども人気を集めています。

鳥取県

国内第4位のスイカの生産量を誇る鳥取県。

旬の時期は6月上旬〜7月下旬頃です。県の中央に位置する大栄町では、「大栄スイカ」というブランドスイカが栽培されています。

鳥取県のスイカは皮が厚め。これは鮮度と強度を保つためだそうです。果肉は薄い赤色で、みずみずしさを味わえます。

まとめ|結局、いつ食べるのが一番美味しい?

スイカの旬は産地によって異なります。市場に最も多く出回る7月〜8月だと、さまざまな産地のスイカを食べ比べできるのでおすすめです。ただ、スイカの生産量日本一の熊本のスイカは3月〜6月が旬なので、熊本のスイカが食べたい場合は早めにスーパーなどでチェックしておきましょう。

新潟の砂丘スイカ

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン

関連する記事

旬、時期に関する記事

すいかに関する記事

人気の記事