ログイン

会員登録

不眠症改善に期待!さくらんぼが睡眠に良い理由とは?

不眠症改善に期待!さくらんぼが睡眠に良い理由とは?

日常生活における睡眠の問題は、健康や生活の質に大きな影響を及ぼします。その中でも、不眠症は、日中の眠気や集中力の低下、イライラ感など様々な問題を引き起こします。しかし、実は食事を通した改善策が存在します。特に、さくらんぼはその高い睡眠改善効果から「眠りを誘う果物」として注目されています。本記事では、なぜさくらんぼが睡眠に良いのか、そしてどのように摂取すればその効果を最大限に引き出せるのかについて紹介します。また、さくらんぼ以外にも眠りを促す果物があるので、それらも紹介します。

さくらんぼが睡眠に良い理由とは?

(1)メラトニンの含有量と睡眠改善

「さくらんぼが睡眠に良いとされる主な理由は、メラトニンというホルモンの含有量にあります。メラトニンは、通称「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、人の自然な眠りを誘う作用があります。このメラトニンは、体内時計に働きかけて、覚醒と睡眠を切り替える役割を持つため、その分泌が上手くいかないと睡眠の質に影響を及ぼします。

さくらんぼには、天然のメラトニンが含まれており、このメラトニンが、自然に眠気を誘い、良質な睡眠をもたらすと考えられています。さらに、このメラトニンには、抗酸化作用もあり、細胞の新陳代謝を促し、疲れを取ってくれるといった効果も期待できます。

つまり、さくらんぼを食べることで、自然と体内のメラトニン分泌が促され、その結果、眠りやすくなるというわけです。夕食前後から夜眠る一時間前くらいに食べると良いとされています。

(2)さくらんぼジュースでの不眠症改善の研究結果

さくらんぼジュースが不眠症改善に効果的であるとする科学的な根拠は、さくらんぼに含まれるメラトニンというホルモンにあります。メラトニンは人間の体内時計に作用し、覚醒と睡眠を切り替える役割を持っています。特に夜間にはメラトニンの分泌が増えることで、自然と眠気を引き起こします。

さくらんぼは、このメラトニンを天然で豊富に含んでいる果物の一つであり、夕食前後から就寝一時間前くらいに飲むことで、自然に眠気を誘い、よく眠れる効果が期待できます。

また、このメラトニンには抗酸化作用もあり、細胞の新陳代謝を活性化し、疲れを取ってくれたり、病気の予防や老化防止にも寄与します。

さくらんぼジュースの摂取は、不眠症改善だけでなく、健康維持・向上にも寄与する可能性があります。

山形 さくらんぼ 通販

さくらんぼ以外の眠りを促す果物とその効果

サプリメントに頼らず、身近な食べ物で眠りが促されたら、とてもうれしいですよね。

ここでは、さくらんぼ以外の果物で、眠りによいとされる果物をいくつかご紹介してゆきます◎

人気ランキング

※2024年6月のデータ
※産直プライムが連携しているJA公式産直ECの実績

(1)バナナのトリプトファンとその効果

バナナには「トリプトファン」という成分が含まれています。トリプトファンは、体内でセロトニンという神経伝達物質へと変換されます。セロトニンは、私たちの心地よい眠りやリラックス感を引き起こす重要な役割を果たしています。さらに、体内のセロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンへと変換されるため、バナナを食べることは良質な睡眠を増進する手助けになると言えます。

また、バナナにはビタミンB6も豊富に含まれており、この成分がトリプトファンのセロトニンへの変換を助ける役割も果たします。そのため、バナナは不眠症改善に有用なフルーツと言えます。

(2)キウイの抗酸化作用とその効果

キウイもまた、睡眠の質を向上させることで知られています。この果物は、ビタミンC、E、そしてカロテノイドといった抗酸化物質が豊富に含まれており、これらがストレスの軽減と睡眠の質の向上に寄与します。特に、ビタミンCは免疫力の向上やエネルギーの生成に重要な役割を果たします。これにより、日中の活動力が増し、夜間の深い眠りにつながります。また、キウイに含まれるセロトニンという物質も注目です。セロトニンは、脳内で生成される神経伝達物質で、心地よい眠りへと導いてくれます。睡眠前のスナックとしてキウイを選ぶことで、睡眠の質を高めることが期待できるでしょう。

さくらんぼの選び方と保存方法

(1)美味しいさくらんぼの選び方

さくらんぼ選びには色、形、つやがポイントです。まずは、鮮やかな赤色か、濃い黒赤色であることを確認しましょう。色が濃くなればなるほど熟しており、甘さが増す傾向にあります。また、形は全体が丸く均一であること、つやは表面がピカピカと輝いていることが良いサインです。

(2)さくらんぼを美味しく保存する方法

さくらんぼは湿度が高いところを好むため、保存する際は冷蔵庫の野菜室が適しています。また、袋に小さな穴を開けて通気性を良くすると、さらに長持ちします。購入後は早めに召し上がることをおすすめします。

以上のポイントを押さえて、美味しいさくらんぼを選び、長持ちさせて不眠改善に役立ててください。


山形 さくらんぼ 通販

まとめ:不眠症改善にさくらんぼを活用しよう

さくらんぼは、天然のメラトニンを豊富に含むことから、睡眠改善に効果的な果物とされています。その他にも、抗酸化作用により細胞の新陳代謝を促進したり、疲れを取る効果があると考えられています。さくらんぼは、夕食後から就寝一時間前のタイミングで食べることで、自然に眠気を誘い、より良質な睡眠を促します。また、消化が良く、胃腸や肝臓に負担が少ないというメリットもあります。不眠症に悩む方は、睡眠時間の質を向上させるために、さくらんぼを活用してみてはいかがでしょうか。

さくらんぼ を食べてJAさがえ西村山の挑戦を応援しよう!

さくらんぼや桃、りんごなどのフルーツをはじめ、日本で有数の「米どころ」としても知られる山形県さがえ西村山地区。豊かで寒暖差のある自然環境と生産者のたしかな技術によって、「さくらんぼの王様」といわれる佐藤錦など、四季折々の美味しい食べ物を全国にお届けしています。

そんなさがえ西村山地区に拠点を置き、山形県の中央エリアを管轄するJAさがえ西村山では、2023年より「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を取り入れた「グリーンな栽培体系」を目指し、新たな取り組みをスタートしています。

気候変動問題が世界中で注目されるようになった中で、全国の生産者にはカーボンニュートラルの実現に向けて化学肥料の低減が求められています。(みどりの食糧システム戦略)

とはいえ、化学肥料を減らすと、収入減少の怖さがあり、生産者にとって大きな負担を強いる可能性があります。そこでJAさがえ西村山では、バイオスティミュラントという新しい農業資材に着目し、生産者の負担を軽減する、新しい栽培方法の開発に挑戦しています。

バイオスティミュラントは、植物に生理学的刺激を与えることで、環境ストレスを受けたために発揮されていない「農作物が本来持っている能力」を、最大限まで改善する資材として期待されている新しい農業用資材です。農作物の品質や収量の向上や、栄養吸収率を高めることによる化学肥料使用量の低減などの効果をもたらします。
【引用元】バイオスティミュラント 活用による 脱炭素地域づくり協議会

さくらんぼは、天然のメラトニンを豊富に含むことから、睡眠改善に効果的な果物とされています。その他にも、抗酸化作用により細胞の新陳代謝を促進したり、疲れを取る効果があると考えられています。さくらんぼは、夕食後から就寝一時間前のタイミングで食べることで、自然に眠気を誘い、より良質な睡眠を促します。また、消化が良く、胃腸や肝臓に負担が少ないというメリットもあります。不眠症に悩む方は、睡眠時間の質を向上させるために、さくらんぼを活用してみてはいかがでしょうか。

山形 さくらんぼ 通販

SHARE

Xシェアボタン facebookシェアボタン lineシェアボタン ポケットシェアボタン はてなブックマークシェアボタン noteシェアボタン
果物EXPRESSガチャ

関連する記事

豆知識に関する記事

さくらんぼに関する記事

人気の記事